16時間断食中はナッツOK!1日30gで美容や健康、満足感UP!

16時間断食中はナッツOK!1日30gで美容や健康、満足感UP!

こんにちは!断食道場SHOPの町田です。

「最近ナッツが来てる!!」

そう嬉しそうに社内で話し始めたのは、大のナッツ好き、断食指南役(社長)の北島。

16時間断食ナッツ最高の組み合わせだよ♪」と諭された私は、半ば強制的にナッツについて興味を持ち始めました。

調べてみると、16時間断食とナッツについての情報がたくさん!

なんと、あのあっちゃんこと中田敦彦さんも実践されているなんて。本当なんだ。

「ナッツを断食道場SHOPの目線から見てみたい!」

そこで今回は特別ゲストと一緒にナッツについて見ていこうと思います。

北島社長、本日はよろしくお願いいたします!

みなさんこんにちは!北島です。16時間断食中のナッツの事なら、おいに任せんしゃい!

という事で、さっそく見ていきましょう!

16時間断食とは(ルール)

ここで、「16時間断食」はじめましての方に、簡単に16時間断食のルールを説明します。

16時間断食とは、プチ断食のこと。

16時間は何も食べずに過ごし、残りの8時間のみ食事を摂ります。

※表は参考例です

食事は8時間の間に終わらせてくださいね!

この断食法は、まとまった時間が取れない方や、継続して行いたい方におすすめです♪

16時間断食の嬉しいポイント

  • ライフスタイルにあわせて食べるタイミングを変えることができる
  • 8時間は好きな物を食べる事ができる

ハードルが低めな断食法としても知られていますよ!

16時間断食中にナッツが選ばれる理由

社長がナッツを食べ始められたキッカケって何かあるんですか?

キッカケは10年前に読んだある本でした。

実際に、ナッツは少量でも食べ応えがあるし不飽和脂肪酸など栄養価も高いんです。なので16時間断食には向いていると思います(^^)

これは期待ができますね♪

ナッツの魅力を詳しく紐といてみたいと思います!

1.身体の調子を整えてくれる

スッキリに繋がる栄養素といえば何を思い浮かべますか?

そう、食物繊維

ナッツには食物繊維が多く含まれていて、なんとその量は100gあたり7gも!

キャベツは100gあたり1.8gなので、その多さが分かりますね。

その他にも注目すべきなのが『脂質』。

中でも多く含まれている「オレイン酸」という脂質は、身体の中からスッキリさせる作用が期待できます♪

食物繊維=野菜って思っていたけど、ナッツの方が豊富なのは驚き!

2.低GI

最近人気の「低GI食品」。

店頭のお菓子コーナーでも「低GI食品」と記載されたものをよく見るようになりました。

ナッツも嬉しい低GI食品なので安心して食べられます♪

まさにダイエットの味方ですね!頼もしい!

3.満足感を得やすい

ナッツは噛み応えがありますよね。

たくさん噛んで食べるので、満足感を得られます。

ナッツに不溶性食物繊維が多く含まれていることも、満足感が得られる理由の一つです!

カリッ…ポリッ…もぐもぐ…うん、おいしい!

4.栄養素を補給できる

ナッツには、16時間断食中に摂ると嬉しい栄養素が豊富に含まれています。

ナッツに含まれる栄養素

・タンパク質
・食物繊維
・不飽和脂肪酸
・良質な脂質
・ビタミン

その中の『不飽和脂肪酸』というのは、良質な油(脂質)のこと。

脂質は三大栄養素の中でも身体の中にとどまっている時間が長いといわれています。

消化時間目安
炭水化物2~4時間
タンパク質4~6時間
脂質7~8時間

つまり、食べ応えがある!!

また、この不飽和脂肪酸というのは、悪玉(LDL)コレステロールの抑制をする作用があるといわれています。

健康に良い油」としても知られているんですよ!

栄養素が豊富なうえに、食べ応えも兼ね備えているなんて♪

16時間断食中は、栄養が不足したり偏ってしまう方も多いので、ナッツはぴったりの商品だと言えますね!

16時間断食中のナッツの食べ方

「ナッツだったら無限に食べていいの?」

「えっ、断食してる16時間中にも食べて大丈夫?」

耳を澄ますと、そんな声が聞こえてきましたね。

ここからは、みなさんが気になっているであろう、食べ方について一緒に見ていきましょう。

ナッツOKなんだ!い~っぱい食べよ~♪

まっちー、その考えは甘い!笑

私のように、食べ過ぎては16時間断食をする意味がありません。

目安量としては、厚生労働省が推奨している間食のカロリー『200kcal』以下にしましょう。

これは、大体ナッツ20〜30g程度に当たります。

また、16時間断食中にナッツを食べる時も、通常のダイエットと同様に消費カロリーと摂取カロリーのバランスを考えて!

『食べても良い8時間の内のカロリー』と『ナッツのカロリー』を合わせた数値が、消費カロリーを越えてしまわない様に気を付けましょう。


消費カロリー > 8時間中摂取カロリー + ナッツ摂取カロリー

タイミング

ナッツを食べるタイミングとしては、

「どうしても」我慢できないとき!!

えっと…そしたら断食中の16時間の間でも食べていいってことですか?

大丈夫だよ♪ 私は基本1日1食しか食べていませんが、どうしても食事が気になる時にはナッツを食べるようにしています。

ナッツは食べてOK!嬉しいですね♪

でも、ナッツはあくまでもファスティングに慣れるまでのサポート役

慣れてきたら、徐々に量を減らしていきましょう

食事が気になって他の食べ物に手を出しちゃうくらいなら、
そこはナッツにしておこう!の考えですね!

ダイエットポイント

16時間断食で理想の身体を手に入れたい…!

それだったら、これから伝えする2つのポイントも意識してみて♪

①よく噛んでゆっくり食べる

ナッツをよく噛んでゆっくり食べる事で、満足感をアップさせます。

②小分けにされているものを選ぶ

食べ過ぎ防止のために、小分けにされている物を選びましょう。

量も決まっており、自分で測らなくていいので手間も省けます♪

なるほど。小分けにして量を制限してあげるんですね!面倒くさがりな私にぴったりだ!

ナッツのカロリー 

ナッツは食べてもOK!と言われても、やっぱりカロリーは気になっちゃいますよね!

私もカロリー表示は必ずチェックしちゃう…笑

そこでカロリーと一緒に、1日の摂取目安量もみていきましょう!

カロリー

100gあたりのカロリー1粒のカロリー1日の摂取量目安
クルミ674 kcal27 kcal (4g)7.4粒(29.6g)
アーモンド613 kcal 6 kcal (1g)33.3粒(33.3g)
カシューナッツ576 kcal 9 kcal (1.5g)22.2粒(33.3g)
ピスタチオ615 kcal 3.075 kcal (0.5g)65粒(32.5g)
マカダミアナッツ720 kcal 14 kcal (2g)14.3粒(28.6g)
ヘーゼルナッツ684 kcal 10 kcal (1.5g)20粒(30g)

1日摂取目安量を、間食のカロリー『200kcal』以下(厚生労働省推奨)として計算すると、1日の摂取目安量は、だいたい30gのようですね!わかりやすい!

おすすめのナッツ5選

「ナッツの種類がたくさんあり過ぎて、どれを選んだがいいのかわからない。」

たしかに!迷っちゃいますよね。

基本としては、素焼き」のものを選ぶようにしましょう。

おすすめのナッツを5つ選抜してみたので、ぜひ参考にしてみてください♪

アーモンド

ナッツの定番と言えば、アーモンド!

アーモンドを使った商品が店頭に並んでいるのをよく見ますよね。

そんなアーモンドの特徴といえば、ナッツ類の中でも特に抗酸化作用が期待できるビタミンEが多く含まれていること。

期待される効果

ビタミンE身体の中から美しくなる効果
オレイン酸LDL(悪玉)コレステロール値を抑制する
不溶性食物繊維スッキリ効果
マグネシウム身体の健康維持
ポリフェノール身体の中から美しくなる効果

アーモンドには栄養素が豊富に含まれているので「天然のサプリメント」とも呼ばれているんです。

アーモンドには、女性に嬉しい栄養素がたくさん入っているんですね!

クルミ

クルミはナッツ類の中で最もオメガ3脂肪酸が多く含まれていて、巡りを良くする効果が期待できます♪

期待される効果

オメガ3脂肪酸身体の中から健康に
トリプトファンゆっくり休める効果
ポリフェノール身体の中から美しくなる効果
不溶性食物繊維スッキリ効果
アルギニン健康な身体を作る
葉酸女性に嬉しい栄養素

クルミは特に、女性にオススメのナッツです!

柔らかい食感で風味が豊かなクルミはどんな世代にも好まれるナッツですね!

カシューナッツ

鉄分やマグネシウム、銅、亜鉛といったたくさんの栄養素を含むカシューナッツ。

特にナッツ類の中でもビタミンB1が豊富に含まれています。

期待される効果

ビタミンB1身体のエネルギーをつくる
身体の中から美しくなる効果
鉄分健康な身体をつくる
亜鉛健康な身体をつくる
マグネシウム強い身体をつくる

少ししっとりとしていて甘みがあるので、間食としては大満足ですね!

ピスタチオ

おつまみの定番でもあるピスタチオも、美容・健康に嬉しいナッツです。

期待される効果

カリウム身体の中から美しくなる効果
ビタミンK健康な身体をつくる
ビタミンB2身体のエネルギーをつくる
ビタミンB6健康な身体をつくる
不溶性食物繊維スッキリ効果

どうしても塩気が欲しくなってしまいますが…身体の中から美しくなるためにも「素焼き」のものを選ぶようにしましょう!

マカダミアナッツ

マカダミアナッツと聞くと、ハワイが思い浮かびますね♪

(…実は原産国はオーストラリアなんです。予想外。)

そんなマカダミアナッツには、ダイエットへの効果が期待できる栄養素が含まれています。

期待される効果

オレイン酸悪玉(LDL)コレステロールを抑制する
パルミトレイン酸美しさを保つ
身体の中から美しくなる効果
マグネシウム強い身体をつくる
ビタミンB1身体のエネルギーをつくる

どのナッツも魅力的♪ ナッツ選びが楽しくなりますね!

16時間断食中ナッツ以外に食べられるものは?

「私ナッツ苦手なんだよね、、他にないのかな?」

心の声、しっかりとキャッチしました!そんな方にはコチラ!

・生野菜サラダ

※ただしオイルの多いドレッシングはNGです!

・チーズ

・無糖ヨーグルト

こちらもナッツ同様、ファスティングに慣れてきたら徐々に減らすようにしていきましょう!

チーズ大好き!でもやっぱり減らしていかないといけないのか…

これから紹介する断食道場SHOP推奨のこの4つは、ナッツほど量を気にしなくて大丈夫だよ!

酵素ドリンク

我らが酵素ドリンク

1日断食や3日間断食などで、今や酵素ドリンクは主流となっていますね。

なので、もちろん16時間断食中にも飲んでOK

酵素ドリンクを選ぶ際には、原材料を見て

  • 「果糖ぶどう糖液糖」や「果汁」「シロップ」の記載がない
  • 着色料や保存料などの添加物も使用されていない

の2つをチェック!原液100%のものが理想的です♪

断食道場でも使用している酵素ドリンク「優光泉」

具なし味噌汁

やっぱり断食とセットと言ったら、具なしの味噌汁

味噌を溶かすだけ、塩分補給◎なのでファスティングには定番とも言えます。

インスタントよりも、手作りのものがオススメです♪

 

梅干し

具なし味噌汁同様、梅干しもファスティング中に不足しがちな塩分補給にぴったりです。

梅干しは固形物なので、身体に負担をかけないように良く噛んで食べるようにしましょうね!

たんぽぽコーヒー

ファスティング中はコーヒーなどのカフェインはできるだけ避けたほうが良いですが、たんぽぽコーヒーはなんとノンカフェイン

コーヒーのような味はしますが、たんぽぽの根を焙煎して作られたものなので身体に優しく、安心して飲む事ができます。

断食道場SHOPのたんぽぽコーヒー「おひさまの恵み」

これだけ揃っていれば、心強いですね!

長期断食中のナッツはNG!

ここで注意点があります!

16時間断食中は、慣れるためにナッツを食べてもOK!と言いましたが、

長期断食の時はそうはいきません✕

1日断食以上を行う際に食べてしまうと、身体に負担が掛かってしまいます。

ファスティング効果が減少するだけではなく、体調不良の原因にもなるため固形物は避けるようにしましょう!

最後に

社長がナッツを食べ始めて実感したことはありますか?

いままでは酵素ドリンクのみで断食をしていたけど、ドリンクだけでは「何かを噛みたい!」という欲求は満たされず、物足りなさを少し感じていました。でも、ナッツを食べ始めてからは、「噛む」欲求が満たされているため、断食をもっと気軽に始められる人も増えるのではないかと思っています♪

最後に、読者の皆様に一言お願いします!

16時間断食と聞くと、「食べないことは敷居が高い」「食べないことは身体に悪いんじゃないの?」と思われている方も多いと思いますが、本当はそうではありません。
そのことをもっと詳しく知りたい方は、中田敦彦さんの16時間断食の動画を見てみてください♪今すぐ16時間断食をしたいという気持ちになると思いますよ!

社長、ありがとうございました!

皆さんもぜひ、ナッツを上手く取り入れながら16時間断食に取り組んでみてくださいね~♪