初心者必見!ファスティングのやり方を期間から見込める効果まで解説

身体の調子を整えたいときにおすすめなファスティング

しかし、ファスティングという言葉は知っていても、その実践方法が分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、初心者でも簡単にできるファスティングのやり方をご紹介

是非参考にしてみてください!

本気で瘦せたい方必見!
辛くない置き換えダイエット

「食欲の秋!だけど痩せたい…!」という方は、美味しい酵素ドリンクでファスティングをしませんか?
優光泉』は売上本数200万本を突破した「からだ想い」の植物性発酵飲料です。

一番お得な定期購入
通常価格9,180円(税込)が
初回価格6,372円(税込)

ファスティングってどんなもの?

ファスティングは、日本語だと断食です。

固形物を食べない期間を設けることで、身体を休める健康法です。

断食というと厳しいイメージがあるかと思います。

しかし、ファスティングは酵素ドリンク等の飲み物で栄養補給をしながら行います。

ファスティングの期間とは?

ファスティングが初めての場合、どのくらいの期間行ったらよいか悩みますよね。

どのようにしてファスティングを実践する期間は決めれば良いのでしょうか?

ファスティングのやり方によって期間が異なる

ファスティングの期間は、やり方によって異なります

短いものだと毎日16時間だけ断食するやり方から、長いものだと1ヶ月近く実践するやり方もあります。

しかし、自宅でファスティングを行う際は、安全面を考えて3日ほどにするのがおすすめでしょう。

自分の目的に合ったファスティングの期間を選ぶ

自分の目的に合った期間を選ぶことも、ファスティングの期間を選ぶ方法の一つです。

目的を明確にもってファスティングを行うと、より効果が実感しやすくなります。

ボディメイク体調改善など、目的に合わせて期間を設定しましょう

ファスティングの期間が長くなると、その分メリットを得やすくなります。

しかし、身体には大きな負担がかかります。

そのため、ファスティング初心者は1日断食から始めて、少しずつ期間を延ばしていくやり方がおすすめですよ。

無理をせず、体調と向き合いながら行うことが重要です。

【期間|1日】ファスティングのやり方

ファスティングのやり方はさまざまですが、初心者の方やファスティングに不安があるときは1日から始めてみましょう

1日ファスティングの場合も、準備期間回復期間を設けてくださいね。

ここからはファスティングのやり方について解説していくので、このやり方をしっかりとおさえて断食を成功させましょう。

1日ファスティングのやり方|準備期間

断食期間を数日前から準備期間を設けることで、断食の効果をより高めることができます。

3日~7日程、準備期間を設けることをおすすめします。

断食中に何をいつ食べるかは、以下のやり方を参考にしてみてください。

準備期間の食事は、体に負担がかかりにくく消化に良い食べ物を選びましょう。

準備期間から、1食置き換えを行うこともおすすめです。

朝食は軽く済ませて、昼食は消化に良い食べ物にし、夕食を酵素ドリンクにするとスムーズにファスティングへ移行できますよ。

また、準備期間の食事は野菜中心を心掛けて、肉類や魚類などの動物性の食品は控えると良いでしょう。

消化に時間がかかる小麦製品やアルコール類も、準備期間中はお休みするのがおすすめです。

ファスティングをより効果的に行いたい場合は、糖分の高いお菓子もできる限り控えましょう。

1日ファスティングのやり方|断食期間

1日ファスティングは、1日断食期間を設けます。

これは1日のうち16時間断食するというやり方です。

このやり方は身体をスッキリさせたい方や、初心者にもおすすめですよ。

断食期間は、1日3食の食事を酵素ドリンク等の液体に置き換えましょう。

食事が気になる前に酵素ドリンクを飲むことで、食事が気にならなくなり断食期間をスムーズに行うことができます!

1日ファスティングのやり方|回復期間

回復期間は、ファスティングを成功させるために大切な期間です。

断食直後に固形物を摂取すると、身体に負担がかかる可能性があります。

また、空腹の胃に急に食べ物を入れると、脂肪を蓄えやすくなるのです。

ボディメイク目的で断食する場合は特に気を付けましょう。

食事の種類は準備期間と同様、体に負担がかかりにくい食べ物を選びます。

断食後の最初の1食目は、酵素ドリンクスムージーなどがおすすめ。

2食目以降は、おかゆや野菜サラダなど胃に優しい食べ物を選び、少しずつ元の食事に近づけていくやり方が良いでしょう。

【期間|3日間】ファスティングのやり方

身体が慣れてきたら、3日間ファスティングにチャレンジしましょう。

基本的なやり方は、1日ファスティングのときと同じです。

ここからは3日間のやり方を解説していくので、以下の方法をおさえてファスティングを成功させましょう。

3日間ファスティングのやり方|準備期間

3日間断食を行う場合、準備期間も3日間以上が理想です。

忙しくて断食前に時間が取れないときは、最低でも3日間は準備のための時間を作る方法を取りましょう。

準備期間は、和食中心の食事を意識して、ミネラルやビタミン類を蓄えましょう。

健康的な食事にかかせない、「ま・ご・は・や・さ・し・い」食材を取り入れることもおすすめです!

初心者の方は準備期間から、徐々に液体の食事に置き換える事で断食期間にスムーズに以降することができます。

また、食事の回数を減らすとともに水分や塩分補給も欠かさないよう、食事方法に気をつけましょう。

ファスティング前日は早めに夕食を済ませて、十分な睡眠時間を確保してから断食に備えてくださいね。

3日間ファスティングのやり方|断食期間

3日間ファスティングも、断食期間中は栄養不足や水分不足にならないように、酵素ドリンクを飲んで過ごします。

一度に大量に飲むのではなく、数回に分けて摂取することがポイントです。

3日間ファスティングのやり方|回復期間

3日間の断食の後は、回復期間も3日間設けましょう。

回復食1日目や2日目は、酵素ドリンクを中心におかゆ具なしのお味噌汁がおすすめです。

3日目は、玄米ご飯や具が入ったお味噌汁、副菜として野菜の煮物や発酵食品を摂るようにしましょう。

回復食の1口目だけでも30回以上噛み、少量ずつゆっくり食べましょう。

長期断食の場合は専門の施設での断食がおすすめ

ボディメイク目的でファスティングする場合は、6日間や7日間といったように期間の長い方が効果が出やすいと思われる方も多いと思います。

ですが、ファスティングの期間が長くなるとそれだけ身体にも負担がかかります。

そのため、長期間ファスティングを行う場合は専門の施設で行うと安心です。

自宅でファスティングする場合は3日間までがおすすめ

自宅でファスティングする際は、3日間までがおすすめです。

断食で空腹時間が長くなると、体調不良を引き起こす可能性があります。

また、3日間だと休日の間に実践できる場合が多く、気軽に取り組みやすいというメリットもあります。

ファスティングの効果とは?

さまざまな目的で行われているファスティング。

それでは一体、ファスティングを行うとどのような効果があるのでしょうか?

ここでは、ファスティングの効果について解説していきます。

先述したやり方と一緒に、おさえておきましょう。

ファスティングの効果①身体が休まる

ファスティングの効果としてまず挙げられるのが、身体が休まるという点です。

断食中は固形物を摂らないため、身体が休まります。

コンディションが整うことで、身体が軽く感じたりスッキリを実感する事ができます。

ファスティングの効果②食生活の見直しに繋がる

食生活を見直す方法としてもファスティングはおすすめです。

ファスティングの準備期間・回復期間の食事は、肉類や脂質を控えた、身体に優しい食事が中心です。

薄味のものを摂取することで舌が薄味に慣れ、その後の食生活にも良い影響をもたらします。

また、ファスティング中の食事とこれまでの食生活を比較するなど、これまでの生活を振り返る一つのきっかけにもなります。

食生活の乱れが気になる方食生活の見直しをしてみたい方にも、ファスティングはおすすめの方法なのです。

ファスティングの効果③リラックス

ファスティングで身体を労わってあげることで、余計なエネルギーを使わなくなるため身体が自然にリフレッシュできるのです。

身体の回復に集中して、ファスティング中は静かに過ごしましょう。

ファスティングの効果④心と身体のリフレッシュ

心身をリフレッシュしたいときも、ファスティングがおすすめです。

ファスティングで身体を労わることで、また新たな気持ちでスタートできます。

また、身体が疲れているときは、長めにファスティング期間を設けましょう。

初心者は1日から始めて、少しずつ期間を延ばしていく方法がおすすめですよ!

初心者がファスティングを行う際に気を付ける点とは?

ファスティングは正しいやり方で行わないと身体に悪影響を及ぼす可能性があります。

ここからは、初心者がファスティングを行う際に気を付ける点をご紹介します。

やり方をしっかりとおさえて、ファスティングを成功させましょう。

①無理をしない

ファスティングは空腹時間が長くなるため、人によっては体調不良を起こすことがあります。

特に、慣れないうちや初心者の場合、初めから長い期間を設定せずに1日から始めるやり方がおすすめです。

また、食事を摂らないことによって栄養不足になることも考えられます。

そのため、酵素ドリンクスムージーなど、多くの種類の栄養素が一度に摂れるドリンクで栄養補給するようにしましょう。

②水分補給をする

ファスティング中は、こまめに水分補給することが大切です。

年齢や体重によって個人差はありますが、大人になると1日に2リットル以上の水が必要だといわれています。

断食中は食事から水分が摂れなくなるため、こまめに水分補給するようにしましょう。

水分は、老廃物の排出体温調整をするためにも欠かせません。

意識して多めの水分を摂るようにすることが、正しいファスティングのやり方のひとつです。

体調が安定しているときに行う

ファスティングは、体調が安定しているときに行いましょう。

疲れているときは避けて、体調が良いときを選ぶことが正しいやり方ですよ。

正しいやり方で行わないと、安全に実践できないうえに効果も出にくくなります。

また、ファスティング初心者は、仕事がお休みの休日を利用して行うやり方がおすすめ

お休み中であれば十分に休養する時間が確保できたり、身体の調子を見ながらゆっくり実践できたりします。

ぜひ、このやり方をおさえて行ってみてくださいね。

④塩分補給をする

固形物を摂らずに液体だけで過ごすファスティング期間中は、塩分も不足しがちです。

塩分が不足すると、さまざまな症状が現れます。

そのため、ファスティング中も適切な量の塩分を摂取するようにしましょう。

ファスティングに必要なものとは?

ファスティング期間中は固形物を摂らないため、栄養水分が不足しがちです。

体調不良を招かないためにも、十分な準備をしておくことが大切ですよ。

ここからは、ファスティングを実践する際に必要なものをご紹介します。

ファスティングに必要なもの①水分

ファスティングに必要なものの1つ目は、水分です。

水は生きていくために必要で、普通に生活していても水は体外に排出されていきます。

断食中は食事を摂らないため、特に水分不足になりがちです。

そのため、こまめな水分補給を心掛けましょう。

ファスティングに必要なもの②酵素ドリンク

ファスティングに必要なものの2つ目は、酵素ドリンクです。

食事を酵素ドリンクに置き換えることで、ファスティング中に不足しがちな栄養素が効率良く補えます

そのため、酵素ドリンクを飲むやり方はとてもおすすめですよ。

酵素ドリンクにはさまざまな種類があります。

国内産の野菜をたっぷり使った「酵素ドリンク 優光泉」は、保存料・着色料無添加が魅力のドリンク。

ファスティング中はもちろん、健康的な身体を維持したい方にもぴったりです。

優光泉ハーフボトル2本セット

ファスティングに必要なもの③適度な塩分

ファスティングに必要なものの3つ目は、適度な塩分です。

塩分補給には、梅干し自然塩具なしの味噌汁がおすすめ。

梅干しはそのまま食べるよりも、包丁やフォークなどで細かく潰して食べると良いでしょう。

また、具なしの味噌汁は身体が温まるうえに、リラックス効果も期待できますよ。

ファスティングの正しいやり方を覚えて身体を休めましょう!

ファスティングは体調改善心身のリフレッシュなどさまざまな効果が期待できます。

しかし、正しいやり方で行わないと、体調不良を招くこともあるのです。

当記事でご紹介したやり方を参考に、初心者は短期間から始めて徐々に身体を慣らしていくのがおすすめですよ。

無理をせず、自分に合ったやり方でファスティングを進めていきましょう! 

本気で瘦せたい方必見!
辛くない置き換えダイエット

「食欲の秋!だけど痩せたい…!」という方は、美味しい酵素ドリンクでファスティングをしませんか?
優光泉』は売上本数200万本を突破した「からだ想い」の植物性発酵飲料です。

一番お得な定期購入
通常価格9,180円(税込)が
初回価格6,372円(税込)