手のひらにある「つぼ3選」をご紹介。仕事中に押して疲れを取ろう!

手のひらにある「つぼ3選」

 

こんにちは!断食道場SHOPです。

 

身体中の至る所にあるつぼ。つぼ押しは、東洋医学では治療として位置付けられており、その効果はWHO(世界保健機関)からも認められています。

 

オフィス等でも、押しやすい場所と言えば、手のつぼではないのでしょうか?

 

仕事中でも移動中でも、美容のために2~3回押してみましょう!きっと、疲れが取れて、気分もすっきり。仕事もはかどりますよ。

 

そこで今回は、おすすめのつぼ3選をご紹介します!

 

食欲を抑えるつぼ「胃・脾・大腸区」

手のつぼ

 

脳の満腹中枢がきちんと刺激されれば、通常だと食欲が抑えられます。しかし、甘いものや脂っこいものを食べた時は、βエンドルフィンという快感物質が分泌され、食欲が増す恐れがあります。

 

食べたいのに我慢しなきゃと考えてしまうと、今度はストレスでドカ食いすることになりかねません。そこで、おすすめのつぼは、「胃・脾・大腸区」です。

 

「胃・脾・大腸区」は手のひらの親指の付け根、ちょうど生命線に沿った部分にあります。このつぼを2~3分かけて、つねるように強く刺激してみましょう。不思議と食べ物が欲しくなくなるので、無理なく食欲が抑えられます

 

血の巡りを良くするつぼ

手のつぼ

 

美容を考えるのであれば、まず血の巡りをよくしましょう。身体の隅々まで血液が行き届けば、冷えが改善され、顔色もよくなるので、健康的な美しさにつながります。

 

そこで、血の巡りを改善するつぼが「合谷」というメジャーなつぼです。

 

手の甲を上に向けた時、親指と人差し指の骨の合わさる辺りに見つかる小さなくぼみが「合谷」です。その部分を反対側の親指で骨に向かって強めに押すと、身体が温まるのを感じるでしょう。

 

この「合谷」は、実は万能のつぼとして知られていて、肩こり目の疲れ便秘などにも効くと言われています。

 

美容の敵のイライラを抑えるつぼ

手のつぼ

 

身体や心に疲れが溜まってくるとついイライラしてしまいがちですが、溜めてしまうと美容によくありません。

 

気持ちを落ち着かせるのに役立つつぼは、手のひらのちょうど真ん中にある「労宮」です。

 

「労宮」は手のひらを上に向け、少し丸めた時に中央にできるくぼみにあります。反対側の親指で力を入れて、押し込むようにすると指先が温かくなるのを感じることができると思いますよ。

 

ストレスを感じると脳の中では、神経伝達物質である「セロトニン」が不足してしまいます。「労宮」を押すことで、不足したセロトニンの分泌が促されるため、気持ちが落ち着くと言われています。

 

労宮は、反対側の親指で力を入れて、押し込むようにする精神的な疲労の万能つぼとして知られているので、グッと力を込めて2~3回押してみるといいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA