運動の消費カロリーは計算できる!水中運動は、強度も高く初心者向き

運動の消費カロリーって気になりますよね。

「どれだけ運動をしたら何kg痩せる」というのが目に見えたら、やりがいを感じることができます。

運動別の消費カロリーの知り、自分にあった運動にチャレンジしましょう。

そこで今回は、

・メッツとは
・代表的な運動のメッツ値
・運動に消費カロリーの計算方法

この3つについてご紹介します!

運動によるエネルギー消費量を見てモチベーションを上げていきましょう!  

本気で瘦せたい方必見!
辛くない置き換えダイエット

一番痩せやすい季節「冬」に、美味しい酵素ドリンクでファスティングダイエットをしませんか?
優光泉』は売上本数200万本を突破した「からだ想い」の植物性発酵飲料です。

一番お得な定期購入
通常価格9,180円(税込)が
初回価格6,426円(税込)

エネルギー消費量のキーワード「メッツ(METs)」とは

筋トレグッズ

 みなさん「メッツ(METs)」という言葉、聞いたことありますか?  

メッツ:各活動のエネルギー消費量が座位安静時代謝量の何倍かを示す値

つまりメッツとは、じっとしている時(座位安静時)のエネルギー消費量に比べて、運動している時(活動)のエネルギー消費量は何倍かを表した値のことです。

この値を元に消費カロリーを導き出していきます。

運動の消費カロリーの参考:代表的な運動のメッツ値

プールサイド

 身近な運動のメッツ値ってどのくらいなのでしょうか?   表にまとめてみました! 

運動別メッツ値一覧表

メッツ活動内容
2.0〜2.9ストレッチ・ヨガ・キャッチボール
3.0〜3.9エアロバイク(50w)・ウェイトトレーニング(軽・中度)・腕立て伏せ/懸垂/腹筋運動(軽度)・体操(軽・中度)・ボーリング・バレーボール・ゴルフ(カートを使う)
4.0〜4.9やや速歩(平地,やや速め=93m/分)・卓球・ゴルフ
5.0〜5.9かなり速歩(平地,速く=107m/分)・水中運動・バドミントン・バレエ・野球・ソフトボール
6.0〜6.9ジョギングと歩行の組み合わせ(ジョギングは10分未満)・エアロバイク(100w)・ウェイトトレーニング(高強度・ボディビル)・バスケットボール・水泳(ゆっくり)
7.0〜7.9ジョギング・エアロビクス・テニス・サッカー・スキー・スケート・山登り(約4.5〜9kgの荷物を背負って)
8.0〜8.9ランニング(134m/分)・サイクリング(約20km/時)・水泳(クロール,普通の速さ)・腕立て伏せ/懸垂/腹筋運動(強度)・ラグビー
9.0〜9.9ランニング(161m/分)・水泳(背泳ぎ)
10.0以上ランニング(階段を上がる)・水泳(平泳ぎ,バタフライ,速いクロール)・柔道・空手・キックボクシング・テコンドー

水の中の運動はメッツ値が高め

水の中で行う運動は、脚・腰への負担が少なく、メッツ値も高めなので運動を始めたい方にはおすすめです。

上記以外の、メッツ値を知りたい方は、国立健康・栄養研究所の栄養・代謝研究部のホームページに「改訂版『身体活動のメッツ(METs)表』」として掲載されています。

参考にしてみてくださいね。

改訂版『身体活動のメッツ(METs)表』はこちら

運動の消費カロリーを計算してみよう!

エネルギー消費量の計算式

メッツ値がわかったので、次は消費カロリーを計算してみましょう。

数字で出してみることで、もっとやる気が出てきますよ!消費カロリー(エネルギー消費量)は次の式で求めることができます。

「エネルギー消費量(kcal)=メッツ・時間(h)×体重(kg)×1.05」

例えば、60kgの人が4メッツの運動を1時間行ったとしたら、

4(メッツ)×1(時間)×60(kg)×1.05=252(kcal)

つまり、エネルギー消費量は252kcalとなり、簡単に求めることができます。

どんどん計算をして、目標のための運動量を明確にして理想の体型を目指しましょう!

1kg痩せるのに必要な運動の消費カロリーとは

運動をする女性

そもそも、1kg痩せるには何kcal消費すれば良いのでしょうか。

実は、1kgの減量=約7,000kcalの消費が必要なんです!

「7,000kcal」と聞くと、少し大変な気がしますが、運動で健康的に痩せるためには、月1kg程度の減量が勧められています。

そのため、無理なダイエットは、健康を損ねる恐れがあるので、毎日こつこつと運動を続けるが大切です。

現状より毎日約240kcalずつ消費カロリーを増やすことで、1ヶ月で−1kg、1年後にはなんと−12kgの減量に成功できる計算になっています。

運動の消費カロリーについてのまとめ

体重計

いかがでしたか?

エネルギーの消費量は、下記の計算方法で導くことが可能です。

エネルギー消費量(kcal)=メッツ・時間(h)×体重(kg)×1.05」 初めは無理せずに、徐々に量を増やしながら一緒に頑張っていきましょう♪