日焼け後におすすめの食べ物はトマト!秋冬の紫外線にも注意が必要

日焼け止め

 

こんにちは!断食道場SHOPの松元です。

日中の気温もぐっと下がり、やっと過ごしやすい季節になりましたね。

 

「夏が終わったから…」と日焼け対策を油断している方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

紫外線は1年を通して降り注いでいるもの。そのため、涼しくなったからといっても油断は禁物なんです!

 

もう夏に日焼けしちゃったし…と諦めてる方もまだ諦めないでください!

日焼け後のお肌にも効果が期待できる栄養素についてこれからご紹介します♪

 

そもそも日焼けはどうやって起こるの?

日焼け止め

 

そもそも日焼けとはどのような現象なのでしょうか?

日焼けの原因となるのは紫外線。紫外線を浴びると、肌の内部ではメラニン細胞が細胞を守るためにメラニン色素という黒い色素を作ります。

 

この現象がいわゆる日焼けです。

 

メラニンは紫外線を吸収して黒くなることで紫外線を反射させ、ダメージ・刺激が皮膚の深くまで達しないように細胞を守ってくれています。

メラニンと言えば、悪いイメージを持たれている方も多いと思いますが、実際はわたしたちの体を守ってくれているんです。

 

また、日焼けという現象はお肌が火傷している状態。夏場のようにすごく日焼けをしたときにまずやるべきことは、ほてりがおさまるまで冷やすことです!

普段火傷したときはすぐに冷やしますよね?日焼けも同じように早急な処置が必要です!

 

そして、ひりひりとした感覚がなくなったら徹底して保湿をおこないましょう。

さらに、これからご紹介する 日焼け後に効果的な栄養成分 を摂るといいですよ!

 

日焼け後に積極的に摂りたいビタミン

美肌

 

それでは、日焼け後に積極的に摂りたい栄養成分をご紹介します!

日焼けしたお肌のダメージを回復させるためには、ビタミンの力がとても重要です。

 

紫外線対策を内側から行うなら、まずはこの3種のビタミンを積極的に摂りましょう。

・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンE

これらの3種のビタミンは、ビタミンACE(エース)とも呼ばれており高い抗酸化作用があるんです。

 

抗酸化作用とは、字のごとく「酸化」に「抗う」ことで、活性酸素の働きを抑える作用のこと。

 

活性酸素とは、ふつうの酸素よりも細胞を酸化させてしまう力が強く、活性酸素によるダメージは老化や生活習慣病の原因になります。

そのため、抗酸化作用があるということは、紫外線をあびたことで発生した活性酸素を抑制し、肌の老化を予防する働きが期待できるんです。

 

それでは、肌の老化を予防してくれるというそれぞれの栄養素について見ていきましょう♪

 

ビタミンA

人参

 

まずはビタミンAについて。

ビタミンAは、皮膚や粘膜を保護する働きや免疫力を高める効果が期待できると言われています。

 

そのため、ビタミンAが不足するとニキビや肌荒れも起こりやすくなるんですって!

お肌のハリやうるおいを保ってくれるはたらきがあるため、お肌のうるおいが失われている日焼け後のお肌には必要とされる栄養素なんです。

 

ビタミンC

じゃがいも

 

続いて、ビタミンCについて。

ビタミンCは日焼けの予防・対策に必要な栄養素。メラニン色素の過剰な生成を抑えてくれるため、シミやくすみなどを予防してくれるそう!

コラーゲンの生成を助ける働きもあるそうなので、ハリのある美しいお肌に導いてくれそうですね♪

 

ビタミンCは、常に体内に取り入れておくことが大切です。しかし、ビタミンCは水に溶けやすい性質。

尿などと一緒に体外に排出されやすく、蓄えるのは難しいと言われています。そのため、こまめに摂取することが大切なんです!

 

ビタミンCの1日の必要量は100mgとされていますが、美肌を意識されている方は1日1000mgを目安に摂るといいのだそう…!

また、ビタミンCは熱に弱いという性質があるので、サラダなどで生野菜で食べたり、飲み物で摂るといいかもしれませんね。

 

ビタミンE

落花生

 

最後に、ビタミンEについてご紹介します。

若返りのビタミンとも呼ばれるビタミンE。ビタミンEは血行を良くする働きがあるため、お肌の新陳代謝を促すといわれています。

 

それによって、活性酸素の発生を防ぐことができるため老化を予防できるんです。さらに、ホルモンバランスを整える働きも助けるそうなので、美容に関わる重要な栄養素であるといえますね♪

ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類やアボカドなどに多く含まれていますよ~

 

また、今回ご紹介したビタミンAとEは、油に溶けやすい脂溶性のビタミンなので、油と一緒に摂ることで効率的に摂ることができます!

 

日焼けした後に食べたい野菜は「トマト」

トマト

 

ここまでビタミンについてご紹介してきましたが、トマトに多く含まれるリコピンも日焼け後に取っていただきたい栄養素の1つ。

 

リコピンは抗酸化作用が強く、メラニンの生成を抑える効果も期待できます。

日焼け後お肌がダメージを受けているときには、ぜひとも摂っていただきたい栄養素ですね…!

 

ちなみに、リコピンの抗酸化力はビタミンEの約100倍もあるそうですよ!

ビタミンEも抗酸化力が高いといわれていますが、そのビタミンEの100倍も抗酸化力があるとは驚きですね。

 

リコピンを効果的に摂取するには、加熱処理がいいんだとか◎

日焼けした日には、トマトを使ったお料理を召し上がってみてはいかがでしょうか?

 

秋冬の日焼け対策とは?

秋の画像

 

夏はしっかりと日焼け対策をしてる方が多いと思いますが、秋になって過ごしやすくなった途端、外出の際の日焼け対策を怠っていませんか?

わたしも夏は毎日、日焼け止めを塗って、外出時は日傘をさして…と対策していましたが、日差しが弱くなってきたのでついつい(・_・;)

 

過ごしやすい気温になると、日焼け止めを塗らずにちょっとお散歩にでかけたり、普段から日焼け止めを塗ることも減ってしまっています。

しかし、最初の方にお話ししましたが、紫外線は1年を通して降り注いでいます。

 

そして、夏が終わると乾燥も気になる季節になりますよね?日焼けは乾燥に拍車をかけるんですよ…

改めて言いますが、保湿はしっかりとおこないましょう!

 

さらに、秋から冬にかけて太陽の位置は低くなっていきます。そのため、太陽の日差しは、夏場は真上から降り注いでいますが、秋になるとだんだんと斜め上から降り注ぐようになります。

 

太陽の位置が低くなるので、夏場には日差しの当たりにくい顔にも紫外線が当たりやすくなるんです!

しみやそばかすを増やさないためにも、お顔の日焼け対策は夏場以上にしっかり行ったほうがいいかもしれませんね。

 

まとめ

紅葉が見える景色

 

みなさんは夏以外の季節でも日焼け対策を続けていましたか?

寒くなってくるとお肌の露出は少なくなると思うので、日焼けする箇所は少なくなっているとは思います。

 

それでも年中を通して紫外線の当たる顔などの紫外線対策は、のちのち後悔しないためにもしっかりおこなっておきたいところですね~

 

また、これからは乾燥も気になってくる季節ですので、しっかり保湿をおこないつつ、美肌を目指しませんか

日焼けが気になっている方や美肌を目指されている方は今回ご紹介した内容を参考にしていただければ嬉しいです(´ω`)

 

こちらの記事では断食道場SHOPの「美容系男子」友田が、米ぬか洗顔に挑戦してみました!合わせてお読みください♪

米ぬか洗顔でキレイ♪自然が生んだ肌に優しい無添加に秘められた効果

 

ビタミンACEを上手に摂って肌代謝を促進して、日焼けによるシミやくすみが定着しないように気を付けましょう!