寝る前のヨガで疲労回復&快眠。ベッドで出来るポーズ3選をご紹介。

今回は寝る前にできるヨガポーズを、ヨガインストラクターの磯沙緒里さんにお伺いしました。

夜に1日の疲れを取るために、ストレッチをしたりヨガをするという方は多いのではないでしょうか?

深い眠りを得たい方に、ヨガはおすすめの方法です。

夜寝る前に行うことで、ストレス解消だけでなく安眠効果にも繋がります。

そこで、今回は

・ヨガをするのにおすすめのタイミング
・ヨガを行う際の注意点
・寝る前におすすめのヨガポーズ

この3つをご紹介します!

本気で瘦せたい方必見!
辛くない置き換えダイエット

一番痩せやすい季節「冬」に、美味しい酵素ドリンクでファスティングダイエットをしませんか?
優光泉』は売上本数200万本を突破した「からだ想い」の植物性発酵飲料です。

一番お得な定期購入
通常価格9,180円(税込)が
初回価格6,426円(税込)

ヨガをするのに効果的なタイミングは「起床後」と「寝る前」

ヨガのポーズ

ヨガをするのに、効果的なタイミングは「起床後」と「寝る前」がベストだといわれています。

もちろん、ヨガといっても色々な種類があるため、「ヨガは絶対にこのタイミングが良い!」というわけではありません。

目的によって、おすすめの時間があるので参考にしてみてください。

起床後のヨガは、気持ちの良いスタートを切りたい方向け

起床後のヨガは、1日を気持ちよく過ごしたい方におすすめの時間です。起きてすぐは、体温が下がっており、筋肉や関節がまだ開き切れていない状態です。

そこで、寝起きにヨガの呼吸法やポーズで身体を開きながら温める事で、心身をスッキリさせます。 身体が軽い、何も食べていない朝食前に行うのが好ましいとされています。

寝る前のヨガは、リラックス効果を得たい方向け

寝る前のヨガは、次の朝をスッキリとした状態で迎えたい方におすすめの時間です。

夜は一日の疲れをとり、脳と体をゆっくりと休ませる必要があります。

凝り固まった筋肉や関節をほぐし、体を落ち着かせて自律神経を安らかにします。 その結果、深い眠りを得やすいとされています。

ヨガをするのに避けた方が良いタイミング

ヨガは基本的に、満腹の時よりも空腹で行うのが好ましいとされています。

そのため、食後のヨガは極力避けた方がよいかもしれません。

その大きな理由としては、食後のヨガはお腹が苦しくポーズや呼吸法をおこなうのが困難という事が挙げられます。

ヨガを行う2時間前には食事を終わらせるのが理想的だといわれていますが、どうしても食べなければならない時は食べすぎない事を意識しましょう!

寝る前にヨガを行う時の注意点&ポイント

寝室

寝る前にヨガを行う際の、注意点とポイントをご紹介します。

1ポーズ×「3呼吸」は行う

ヨガを行う時は、呼吸を意識しましょう。1ポーズあたり3呼吸が基本です。

左右別の動きの時は両方行う

左右の動きを両方行って、体のバランスを取ってくださいね。

紹介する順番に沿って行う

自己流で順番を変えたりすることなく、必ず紹介する順番を守って行いましょう。

お風呂上がりに行うと効果的

お風呂上がりは体が温まって、血の巡りが良くなっている状態です。そのため、お風呂上がりに行うヨガはとっても効果的。入浴で体が水分を失っている場合があるので、必ず水分補給を行ってくださいね♪

それでは、実際にヨガポーズを実演してもらいましょう!

寝る前におすすめヨガポーズ①

牛のポーズ
猫のポーズ

効果:自律神経を整える

寝る前におすすめヨガポーズのやり方

①四つん這いになる。肩の下に手首が、股関節の下に膝がくるようにする。
②息を吸いながら視線を天井に向け、上半身を反らす。(牛のポーズ)
③息を吐きながら視線をおへそに向け、上半身を丸める。(猫のポーズ)

この動きは「キャット&カウ」と呼ばれており、名前の通りネコと牛に見立てたポーズです。

背骨には自律神経が通っています。ちなみに自律神経とは、呼吸や消化など、ありとあらゆる活動を調整するために24時間休むことなく動いている神経です。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」のこの2つがあります。正常であればこの2つの神経がバランスよく働きますが、生活習慣の乱れやストレスなどで、乱れが起きてしまうことも…

自律神経に乱れが起きると、体に不調が起きてしまうので注意が必要です。背骨を曲げたり伸ばしたりすることで、自律神経を整えることができるのは嬉しいですよね。寝る前には必ず行いたいポーズのひとつです!

寝る前におすすめヨガポーズ②

ヨガポーズ

効果:リラックス効果

寝る前におすすめヨガポーズのやり方

①先ほどと同様に四つん這いになる。
②膝の位置は動かさず、両手を少しずつ伸ばしていき、腰が伸びる所で顎をマットにつけてキープする。

これ、腰がすごく伸びるので気持ちいいんですよね~!気持ちよいと感じるところまで伸ばしてキープしましょう。

ベッドで行う場合は、ベッドに顔をつけてあげるとよりリラックス効果がUPしますよ♪

寝る前におすすめヨガポーズ③

ヨガポーズ

効果:首こり・肩こり・背中こり解消効果

寝る前におすすめヨガポーズのやり方

①仰向けになり、両足を天井に向けて上げる。
②背中や腰を手で支えながら、両足を頭の先におろす。
③両膝を曲げて顔を挟んでキープする。

日中のデスクワークや家事で肩こりに悩んでいる方って結構多いですよね。このポーズは肩こりだけでなく、首や背中の凝り解消にも効果的です。

続けることで、だんだん体がラクになっていきますよ!

寝る前のヨガについてのまとめ

ヨガ

いかがでしたか?

寝る前にできるヨガのポーズで体をリラックスさせてみてください。

ヨガは基本的に床にヨガマットを敷いて行いますが、今回はベッドの上でもできるので気軽に取り組む事ができます。

早速、今夜からチャレンジしてみましょう! きっと、明日にはすっきりとした目覚めが待っているかもしれませんね。